マガジンのカバー画像

D-JEDI連載「取材や調査に役立つオープンデータ活用術」

37
あなたが苦労して調べても手に入らなかった情報、実はネットですでに公開されているかも。「オープンデータ活用術」では、NHKで調査報道に携わり、現在はSlowNewsシニアコンテンツ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

オープンデータ活用術・完全版【第9章】新しい時代の「アンケート」

D-JEDI理事:熊田安伸 いよいよこの連載も最終回です。調査報道に使われる手法の一つとして、「アンケート」があります。最近では新たな手法も生まれているので、ここで紹介したいと思います。 アンケートとはそもそもフランス語のenquêteで「質問による調査」というような意味(だから「アンケート調査」という言葉はおかしいと、かたくなに使わないデスクもいます)。大きな災害などがあるととにかく使われます。最近ではGoogleフォームなどのツールも発達したので、ネットを使って手早く

オープンデータ活用術・完全版【第8章】②サイトの制作者などを調べる

D-JEDI理事:熊田安伸 第8章「サイトの情報を調べる」、今回は「ホームページを誰が作ったのか」などの情報を調べる方法をご紹介します。 「WHOIS」「aguse」でサイトの情報を調べるインターネットのサイトには「ドメイン名」があります。要するにインターネット上の住所で、メールアドレスやURLの末尾にある「〇〇〇.jp」などです。これがあるから、メールが届いたり、サイトが設置できたりするわけです。 そのドメイン名から、サイトの持ち主などの情報を割り出すことができます。

オープンデータ活用術・完全版【第8章】①消されたサイトの情報を復活させる

D-JEDI理事:熊田安伸 今回から第8章「サイトの情報を調べる」です。まずは消されてしまったウェブ上の情報を探し出す方法をご紹介します。 第1章で述べたように、入札のことを告知する「入札公告」や、結果を示した「入札(経過)調書」は、官庁や自治体のホームページに掲載されますが、これが削除されてしまった、というケースがありました。 沖縄タイムスは、2016(平成28)年5月に辺野古沖の米軍新基地建設に関連して、沖縄防衛局の発注をめぐる「辺野古警備 入札を厳格化して事実上1

オープンデータ活用術・完全版【第7章】④航空機のオープンデータ

D-JEDI理事:熊田安伸 「乗り物や事故を調べる」の第4回です。今回は航空機のオープンデータをご紹介します。 「Flightradar24」などで航空機やルートを調べる船舶と同じように、航空機も現在位置や飛行ルートなどを調べられるサイトがあります。 有名どころは、「Flightradar24」。NHKのニュースでも「Flightradarによりますと……」とクレジットを付けて使うほどになっているので、今や使っているメディアは多いでしょう。 これもやはり事故などを防ぐ

オープンデータ活用術・完全版【第7章】③船舶のオープンデータ

D-JEDI理事:熊田安伸 「乗り物や事故を調べる」の第3回です。ここからは、事故に限らない乗り物の情報の取り方です。まずは船舶のオープンデータをご紹介します。 「MarineTraffic」などで船舶や航路を調べるリアルタイムで船の位置や航路が分かってしまう優れもののサイトが「MarineTraffic」です。小さな漁船から豪華客船、タンカー、軍船まで、さまざまな船舶のオープンデータが無料で見られます。 船の衝突を防ぐために発信されているAIS(船舶自動識別装置)の信

オープンデータ活用術・完全版【第7章】②鉄道・船舶・航空機の事故を調べる

D-JEDI理事:熊田安伸 「乗り物や事故を調べる」の第2回です。今回は、鉄道や船舶、航空機の事故を調べることができるオープンデータをご紹介します。 「運輸安全委員会」のサイトを使う船舶・鉄道・航空機の事故のオープンデータは、運輸安全委員会のホームページから報告書を入手できます。 船であれば衝突事故や座礁事故だけでなく、船内での労災なども調べることができます。 『記者のためのオープンデータ活用ハンドブック』を書いた時と比べると、かなり仕様が変わりました。例えば航空機の

オープンデータ活用術・完全版【第7章】①自動車事故を調べる

D-JEDI理事:熊田安伸 さて、ここからは第7章、「乗り物や事故を調べる」です。この分野もオープンデータが次第に充実してきました。 大事故には必ず「報告書」がある大きな事故があったとき、国の機関が調査に入ります。そして調査に入ったならば、必ず「報告書」が作成されます。それを入手すれば、事故の詳細な情報を知ることができるわけです。 例えば自動車事故であれば、「自動車事故報告書」の他、現場の見取り図なども入った「状況報告書」「運転者の健康状態に起因する事故の調査事項」など

オープンデータ活用術・完全版【第6章】④政治とカネを調査するポイント・支出編

D-JEDI理事:熊田安伸 前回に続いて政治とカネを取材する際のポイントです。前回は「入り」のカネでしたが、今回は「出」ていくカネについて、何に注目すべきかをまとめています。 取材ポイント「支出」かつての「政治とカネ」取材では、主に政治団体の「収入」が注目されてきました。しかし2006年に「事務所費」問題がクローズアップされ始めて以降、「支出」からも問題を読み解くことが頻繁に行われるようになっています。 1.支出の種類 政治団体の支出には大きく分けて、「経常経費」と「

オープンデータ活用術・完全版【第6章】③政治とカネを調査するポイント・収入編

D-JEDI理事:熊田安伸 前回までは政治資金や政治家の取材に使える資料やツールをご紹介しましたが、今回は実際に取材する際のポイントをまとめてみました。プロのジャーナリストでなくてもポイントを押さえれば、問題点を見るけることは可能です。関心のある方はぜひチャレンジしてみてください。 取材ポイント「収入」ただ漠然と政治資金収支報告書を眺めていて問題に気付けるかというと……気付けるんです。幾つも読み込んでいるうちに、明らかに「違和感」のあるものが浮かび上がってくるんですよね。

オープンデータ活用術・完全版【第6章】②政治資金を調べるためのツール

D-JEDI理事:熊田安伸 前回、政治団体の調べ方の基本をお伝えしました。今回は政治資金をより深く調べるために使えるツールをご紹介します。いずれも無料のオープンデータになります。 「政治資金センター」のサイトで調べる「政治資金収支報告書」は、前回紹介した総務省のホームページに掲載されるので、まずはそこから入手することです。 ただ、ここですべてを入手することはできません。都道府県選管への届け出分は、それぞれのホームページで入手する必要があります。 ところがここで大きな難

オープンデータ活用術・完全版【第6章】①政治団体の基礎知識と調べ方

D-JEDI理事:熊田安伸 現在、政界を大激震させている自民党の派閥のパーティー券収入のキックバック問題。そうした政治とカネの報道の多くも、実はオープンデータを使ってできてしまいます。今回から、政治とカネにまつわるデータと利用できるツールについてご紹介していきます。まずは「政治団体」の調べ方からです。 政治家の団体には4種類ある政治家の活動やカネを調べるときに、必ず押さえておくべきものがあります。それが「政治団体」です。政治家はここをベースに政治活動をしています。つまり、

オープンデータ活用術・完全版【第5章】③連絡先や個人事業主を調べるツール

D-JEDI理事:熊田安伸 「個人に関する情報を調べる」の3回目です。オープンデータで電話番号や住所などの連絡先を知る方法や、個人事業主を調べる時に使えるツールなどについて紹介します。 電話番号や住所を調べる個人名から電話番号や住所を調べるときには、もちろん「104」のサービスが使えます。でも1回1回が有料ですし、手間もかかりますよね。そんなときによく使われるのが、「ネットの電話帳」です。どちらかというと「住所でポン!」の呼び名の方で知られています。名前から検索することも

オープンデータ活用術・完全版【第5章】②日記・メモ・自伝・論文は第一級の資料

D-JEDI理事:熊田安伸 「個人に関する情報を調べる」の2回目です。個人のことを詳しく知りたいなら、その人自身が書いたものを入手するのが一番です。オープンデータとは言い難いものですが、調査報道をするならば、何とかして手に入れたいところ。そして、実はオープンデータになっているケースもあります。今回はそれを紹介します。 なぜ姉妹は孤立して亡くなってしまったのか2012年、札幌市白石区のマンションで、42歳の姉と、知的障害のある40歳の妹が人知れず「孤立死」していました。しば

オープンデータ活用術・完全版【第5章】①個人の情報はどう調べるか

D-JEDI理事:熊田安伸 「個人についての情報」は入手が難しいですよね。企業人であれば、ここまで紹介したテクニックで一定の情報は入手できます。本章ではそれ以外の、オープンデータで入手できるさまざまな個人についての情報を紹介します。まずは何度も紹介している「官報」ですが、個人についてもやはり情報の宝庫なのです(基本的な使い方は第1章を参照のこと) 「旅券の返納命令」を官報で調べる犯罪者に国外逃亡の恐れがあるとき、国は旅券(パスポート)を返納するよう命令します。その際、官報